Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導

福島信用金庫のウェブサイトが不正アクセスを受け、一部ページが改ざんされたことがわかった。偽の警告を表示し、マルウェアのインストールや電話をかけさせる「サポート詐欺」に悪用されたという。

20181002_fs_001.jpg
不正アクセスを受けた福島信用金庫

同金庫によれば、サイトにある店舗の一覧ページや、ニュースコンテンツとして掲載した「第6回ふくしんこども応援賞」のページが改ざんされたもの。

偽の警告文で閲覧者の不安を煽り、マルウェアをインストールさせたり、電話で情報をだまし取る「サポート詐欺」の踏み台に悪用されたと見られる。

具体的には、改ざんされたページにアクセスすると外部サイトへ誘導。「Windowsシステムが古くなり破損していることが検出されました」などと表示。修復行為に見せかけた画面へ遷移し、「Power System Care」を名乗るマルウェアをダウンロードするよう促していた。

ダウンロードしたマルウェアを実行するとパソコンを診断したかのように見せかけ、問題の対処などと称してフリーダイヤルに電話するよう誘導、クレジットカード情報がだまし取られるという。

同金庫ではすでにサイトを修正。心当たりのある利用者に対し、同金庫まで連絡するよう呼びかけるとともに、被害が発生した場合は警察へ相談するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用