Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切

国内発のセキュリティカンファレンス「AVTOKYO2018」が11月3日に都内で開催される。オンラインによる参加登録を受け付けている。

同イベントは、「ブラックハットジャパン」の参加者によるパーティより発したもので、現在は国内コミュニティが主催するセキュリティのカンファレンスとして開催されている。

「no drink, no hack」を合言葉にドリンクを楽しみつつ、気軽かつ真剣にセキュリティを語る場や、参加者が交流できる空間を提供している。

講演の論文募集(Call For Papers)の締め切りは9月15日。30分の「ロング」、10分の「ショート」で募集されている。

会場は「TK SHIBUYA」で前売りが7000円。当日券は1万円。ドリンクの飲み放題が付属。また個人スポンサーもあわせて募集している。イベントの詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏