Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ

一部ルータにおいて、DHCPリクエストを受けたクライアントのホスト名を、DNSに自動登録する問題が指摘されている。同機能によって悪意あるプロキシやルータが設定され、通信の盗聴や改ざんに利用されるおそれがある。

一部ルータ機器がDNSの動的更新機能を搭載しており、DHCPリクエストでクライアント側から送られてくるホスト名を、そのままDNSのAレコードへ自動的に登録、更新してしまう問題が判明したもの。

同機能を利用すると、本来管理者が設定する「wpad」「isatap」といったホストを、LANへアクセスできる攻撃者がルータのDNSに登録することが可能となる。

「WPAD (Web Proxy Auto-Discovery)」は、クライアントにプロキシの設定を自動配布するために用意された技術。管理者がプロキシサーバ経由でアクセスさせるために利用されている。

クライアントは、DHCPサーバやDNSサーバより設定の取得を試みるが、失敗すると「wpad」のホスト名を持つ端末へ問い合わせを自動的に行い、設定ファイルを得られた場合は参照して自動的にプロクシが設定される。

(Security NEXT - 2018/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請