Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ

通信のトネリングに用いる「ISATAP(Intra-Site Automatic Tunnel Addressing Protocol)」を使用したISATAPルータの検出に用いられるホスト名「isatap」にも同様の問題が存在。悪意あるプロクシやルータが設定されると、通信内容の盗聴や改ざんされるおそれがある。

さらに「mDNS」を使用すると、ルータを介さなくてもネットワーク中のクライアントPCに「wpad」や「isatap」といったホスト名を知らせ、自動設定されるおそれが指摘されている。

従来より外部へ公開されているDHCPサーバや、より高位のDNSサーバで問題が指摘されていたが、LAN環境への影響が指摘されたのは、今回がはじめてだという。

セキュリティ機関では、影響を受ける製品として「Google WiFi」「Ubiquiti UniFi」を一部の例として挙げ、注意を呼びかけている。

20180913_cc_001.jpg
CERT/CCによるベンダーインフォメーション
20180913_jv_001.jpg
JVNにおける各社ステータス

(Security NEXT - 2018/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正