Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel、多岐にわたるセキュリティアップデート - アドバイザリの確認を

Intelは、「Driver & Support Assistant」や「Intel IoT Developers Kit」をはじめ、「Intel Converged Security and Manageability Engine(CSME)」「Active Management Technology(AMT)」など、同社複数ソリューションについてセキュリティアドバイザリを公表した。

同社は各アドバイザリで影響を受ける製品について明らかにし、アップデートに関する情報を提供。サーバからデスクトップまで幅広く影響し、セキュリティ機関からも注意が呼びかけられている。

アドバイザリがリリースされたソリューションは以下のとおり。

Intel Distribution for Python 2018 for Windows Advisory
Intel Centrino Wireless-N
Intel Centrino Advanced-N products Bluetooth Driver
Intel NUC Firmware
Intel IoT Developers Kit
OpenVINO Toolkit for Windows
Intel Data Migration Software
Intel Driver & Support Assistant
Intel Software Asset Manager
Intel Extreme Tuning Utility
Intel Baseboard Management Controller(BMC)
Intel Server Board TPM
Intel Data Center Manager SDK
Intel Platform Trust Technology(PTT)
Intel Active Management Technology(AMT)
Power Management Controller(PMC)
Intel Converged Security and Manageability Engine(CSME)
INTEL-SA-00086 Detection Tool

20180913_in_001.jpg
Intelがリリースしたアドバイザリ

(Security NEXT - 2018/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応
MS、月例パッチで脆弱性56件に対応 - ゼロデイ脆弱性を解消
「Spring4Shell」、一部Cisco製品に影響 - 調査中の製品も
Apple、複数のゼロデイ脆弱性を解消した「macOS Monterey 12.3.1」をリリース
「Citrix Hypervisor」「XenServer」に脆弱性 - ホットフィクスが公開
主要PCメーカーが採用する「InsydeH2O UEFI」に脆弱性 - 侵害されると影響大
Intelの24製品に「Apache Log4j」 - 23製品でパッチ提供済み
「Log4Shell」対策パッチ、VMwareの20製品で未提供 - 回避策の実施を
Ciscoが「Log4Shell」の調査を終了、65製品に影響 - 大半が年内にリリース予定
「WebEx Meetings Server」などCisco複数製品に「Apache Log4j」由来の脆弱性