Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失

電子書籍を作成、販売できるサービス「BCCKS」が不正アクセスを受け、一部データが改ざん被害に遭ったことがわかった。

同サービスを運営するBCCKSによれば、9月11日3時から6時ごろにかけて、サーバが不正アクセスを受けたもの。

書籍の本文データや書評のコメントなど、データベース内の一部データが不正に書き換えられ、編集作業を正常に行えない状態に陥った。不正アクセスによる個人情報の流出は確認されていないとしている。

同社は不正アクセス対策を実施。また本来のデータに回復するため、サービスを停止してデータのロールバックを実施。9月10日5時の状態に戻したため、以降に行われたデータについて消失し、復旧は難しい状態だという。

同社では、ブラウザ内のデータや、発行済み書籍からデータを復元できる場合があるとして、対策を案内。システム上のキャッシュ内にデータが残っている可能性もあり、問い合わせがあれば同社で調査して復元が可能か知らせるとしている。

(Security NEXT - 2018/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害