Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃グループ「PowerPool」、Windowsタスクスケジューラ狙うゼロデイ攻撃を展開

Windowsのタスクスケジューラに未修正の深刻な脆弱性が発見された問題で、エクスプロイトを用いた攻撃キャンペーンが確認された。

「PowerPool」と呼ばれるグループによる活動をESETが観測したもの。公開された実証コードをそのまま利用するのではなく、一部ソースコードを修正し、コンパイルした上で悪用していたという。

攻撃は限定的に展開しているものと見られ、被害が大きく拡大しているわけではないが、同社が「VirusTotal」の登録状況などを調査したところ、チリ、ドイツ、インド、フィリピン、ポーランド、ロシア、イギリス、米国、ウクライナにおいて攻撃が確認された。

同社は、同グループが過去に展開した攻撃として、メールの添付ファイルを用いたケースがあると指摘。5月に確認された攻撃では、「slkファイル」を悪用して「Excel」に「PowerShell」を実行させる手法を用いていた。

攻撃が成功すると「Windows」に対して2段階のバックドアを使用。さらに組織内部のネットワークへラテラル攻撃も展開していた。今後こうした攻撃に今回の脆弱性が悪用されるおそれもある。

同社では、「PowerPool」が今回使用したエクスプロイトや、過去に用いたマルウェア、コマンド&コントロール(C&C)サーバなどの情報を公開。同脆弱性を悪用した攻撃は、現状限られているものの、すでに広く利用できる状態にあると指摘し、注意を呼びかけている。

20180906_es_001.jpg
ESETが確認した「PowerPool」が用いるマルウェアのハッシュ値

(Security NEXT - 2018/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件