Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsタスクスケジューラの脆弱性、PoCは一部環境のみ動作 - コード修正で広く影響

Windowsのタスクスケジューラに未修正の脆弱性が見つかった問題で、公開された実証コードの動作は64ビット版の「Windows 10」「Windows Server 2016」に限定されることがわかった。ただし、修正を加えたコードが32ビット環境でも動作したことが確認されており、広く影響を及ぼすおそれがある。

同脆弱性は、「タスクスケジューラ」において「アドバンストローカルプロシージャコール(ALPC)」の処理に起因するもので、権限の昇格が生じるおそれがある

脆弱性について分析したセキュリティ研究者によれば、今回の脆弱性は、タスクスケジューラに用意されたAPI関数「SchRpcSetSecurity」に起因。権限のチェックに失敗し、ゲストを含めてローカル環境でファイルを呼び出す際にシステム権限が取得できる。

同研究者が公開済みの実証コードを分析したところ、32ビット版のWindowsには含まれないパスや、特定バージョンに存在しないドライバをハードコードしており、64ビット版の「Windows 10」「Windows Server 2016」環境のみで動作することがわかったという。

一方CERT/CCでは、実証コードを変更することで32ビット版の「Windows 10」でも動作することを確認した。さらに変更を加えることでより多くに影響を与える可能性があると指摘している。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ