Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、7月におけるDDoS攻撃の観測状況を取りまとめた。前月から大きな変化は見られなかったが、25.2Gbps規模のリフレクション攻撃を観測したという。

同社において、DDoS攻撃対策サービスで7月に観測した状況を取りまとめたもの。攻撃回数は641件で623件だった前月よりやや増加したが、1日あたりに換算すると20.7件で、前月の20.8件から大きな変化は見られなかった。継続時間については、短時間で収束する攻撃が増加しているという。

もっとも規模が大きかったDDoS攻撃は、メモリキャッシュサーバ「memcached」を利用したリフレクション攻撃。最大238万ppsのパケットが送信され、25.2Gbpsのトラフィックを観測した。

「memcached」を用いた攻撃は同攻撃にとどまらず、7月中旬ごろより多数観測。夜間から早朝にかけて展開されることが多く、攻撃の規模は10Gbps程度が中心だった。攻撃の継続時間は10分程度が大半だが、断続的に2時間以上続いたケースも一部見られたという。

20180906_ii_001.jpg
DDoS攻撃の検出状況(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2018/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減