Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立

GMOペパボは、福岡県に情報セキュリティ関連事業を展開する新会社GMOペパボガーディアンを設立する。

同社は、情報セキュリティに特化した事業会社で、セキュリティに関連したサービスやアプリケーションの開発、販売、研修やセミナー事業などに取り組む。

具体的には、コンシューマー向けのセキュリティサービスとして、ID管理などを支援するアプリを提供。

法人向けには、GMOペパボがサーバやウェブアプリケーションで実施してきたセキュリティ対策をサービス化。セキュリティ対策を支援するソリューションとして展開する予定。

(Security NEXT - 2018/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
CSIRT交流イベント「NCA Annual Conference 2022」、12月にハイブリッド開催
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可