Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック

ラックは、産業制御システムにおけるセキュリティリスクを調査、評価するサービスを提供開始した。

「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」は、工場の生産ラインなどで活用されているネットワーク化された制御系システムを対象に、サイバーセキュリティ面からリスクを調査、評価するサービス。

リスク評価では、「NIST Cyber Security Framework」「IEC62443」などを踏まえつつ、同社ノウハウをもとに開発した独自のフレームワーク「LAC-ICSSS」を活用。

制御システム防御における重要部分については、実際の機器を調査してセキュリティリスクを把握し、ビジネスへの影響を評価。優先順位の決定なども含め、セキュリティ対策を支援する

料金は評価対象システムの規模や状況により変化するとしており、平均的な料金は756万円としている。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス