Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働

Avastは、ハブとデバイス間の通信に「MQTTプロトコル」が活用されているスマートホームを例に挙げ、脆弱な機器を利用している場合の影響について問題を指摘。

インターネットに接続された機器を検索できる「Shodan」などを用いて攻撃者が脆弱な機器を把握し、ドアや照明などコネクテッドデバイスの状況を読み取り、在宅時間を把握したり、不正な操作を行う可能性があると警鐘を鳴らしている。

また機器の管理画面がインターネット経由でアクセスでき、パスワードが初期設定のままだと、ダッシュボードを通じて機器が不正に操作され、セキュリティやプライバシーを侵害するおそれもあるとして、同社ではデバイスを適切に管理するようあわせて求めている。

(Security NEXT - 2018/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応