Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か

アンケートに回答することでポイントを獲得できるサービス「アンとケイト」では、不正ログインと見られるアクセスを検知したとして利用者に注意を呼びかけている。

同サービスを運営するマーケティングアプリケーションズによれば、同社以外で流出したと見られるIDとパスワードを使用し、ログインを試みるパスワードリスト攻撃を確認したもの。

不正ログインと見られる行為を一部確認したが、アンケート一覧ページのみの閲覧だったため、個人情報の閲覧や、ポイントの交換といった被害は発生していないとしている。

同社は、同社経由の情報流出について否定。8月に入り、海外のIPアドレスを発信元としたログインの失敗回数が増加していることを検知し、メールアドレスが特定のドメインに限られていたことから、他所で流出したリストを用いて、ログインの試行が行われた可能性が高いと見ている。

同社は不正ログインによる被害を防止するため、利用者に対してパスワードの使い回しを避けるよう8月6日に注意喚起を実施。

同日以降は不正ログインが試行された形跡や、ユーザーからの問い合わせなどは確認されていないという。

不正ログインが発生した場合についても、個人情報を閲覧できるページへアクセスされた場合に、不正と疑われるユーザーを検知するしくみを導入していると同社は説明。

また不正なポイント交換を防ぐため、登録情報の変更直後におけるポイント交換については、確認のため時間を要する場合があるとしている。

(Security NEXT - 2018/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に