Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス

ソフォスは、サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」を発表した。

機械学習による分析により作成し、定期的に更新するマルウェアスキャンモデルを活用して、マルウェアや不要なアプリケーションを検知するサーバ向けセキュリティ対策製品。攻撃の侵入経路や遷移の状況など可視化する機能を用意している。

また脆弱性の悪用を防止したり、正規アプリケーションに対する悪質なコードの挿入を検知する機能を搭載したほか、マスターブートレコードの保護機能を備えている。

さらにマルウェアの常駐を防止する機能や、メモリやレジストリ、ローカルストレージからパスワードの窃取を防止する機能を用意。「Microsoft Azure」「Amazon Web Services(AWS)」など、パブリッククラウド上で稼働するサーバを検出する機能を搭載している。

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
VMware、Carbon Blackの買収で合意