Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減

「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」のいずれも持たず、「ウイルス」の定義にあてはまらない「不正プログラム」の検出数は34万8289件。前四半期の15万3439件から倍増した。

検出数がもっとも多かったのは「Downloader」で、全体の40.3%を占める。前四半期に2.2倍と急増を見せた仮想通貨発掘マルウェア「Coinminer」は、1404件から493件に縮小。一方、オンラインバンキングのアカウント情報などを窃取する「Ursnif」は、前四半期の2件から1070件へと急増した。

マルウェアの検出経路を見ると、メールの添付ファイルが33万4732件で、全体の95.6%を占める。2017年第2四半期は「WannaCrypt」の影響でネットワーク経由の検出が増加したが、以降はメールの添付ファイル経由が9割前後を占める状況が続いているという。

20180727_ip_001.jpg
「不正プログラム」の検出動向(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準