Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か

日本セーリング連盟(JSAF)のオリンピック強化委員会が運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。使用していない古いCMSの脆弱性が悪用された可能性もあるという。

同連盟によれば、同連盟のオリンピック強化委員会が独自にレンタルサーバで運営していたウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざん被害が発生したもの。7月17日10時ごろ、外部サイトへ誘導される状態となっていることに気が付いた。

サイトのほぼすべてのページにあたる約730ページで呼び込まれるJavaScriptのファイルが改ざんされ、外部サイトへ誘導される状態が発生。アダルトサイトなどへ誘導されたことが確認されているが、誘導先が変化するため、攻撃者の詳しい動機などはわかっていない。

また改ざんされた原因については、レンタルサーバ会社よりアクセスログなどの提供を受けることができず、詳細な調査が行えなかったとしており、明らかになっていない。サイト内には現在は使用していない古い「WordPress」のファイルが存在しており、脆弱性を突かれた可能性もあるという。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション