Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール

多摩都市モノレールの業務用ファイルサーバが、ランサムウェアに感染したことがわかった。モノレールの運行については、別のシステムで管理しており、影響ないとしている。

同社によれば、職員が一般の業務で利用するファイルサーバのファイルがランサムウェアにより暗号化される被害が発生したもの。

7月9日23時ごろ、従業員がファイルサーバのファイルにおける異常へ気が付き、翌10日未明に問題のサーバで保存されていたすべてのファイルにアクセスできなくなっていることが判明した。金銭を要求する画面も表示されたという。

被害の発生を受けて、同社ではマルウェアが感染した経路の特定や、ファイルの復旧などを進めているが目処は立っていない。

モノレールの運行や定期券の発行などに用いる営業システム、ウェブサイトに関しては、別のシステムで運用しており、これらシステムへの影響については否定している。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
委託先でランサム被害、影響は調査中 - 岸和田市