Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS

PwCサイバーサービスは、組織のネットワーク内部に潜伏するマルウェアを検出する「スレットハンティングサービス」を提供開始した。

同サービスでは、ヒアリングを実施し、顧客環境にあわせたエージェントレスの情報収集ツールを用意。各端末で定期的に実行し、得られたログをもとに、マルウェアの痕跡を調べる。

疑わしいファイルやログを抽出する分析エンジンは、機械学習の機能を備え、収集したマルウェアや実証実験で得られた結果などの情報を活用。

脅威情報などの関連性も踏まえて分析を行うとしており、影響を受ける端末やファイルのハッシュ値、ファイルのサイズ、パス、分析結果などを報告する。

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT