Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作

また地理空間画像の処理と地図作成を業務とする事業者の運用システムで、GIS(地理情報システム)ソフトウェアが稼働している端末も標的としていた。

当初、同グループは独自のマルウェアを用いて攻撃を展開していたが、2017年ごろより、OSが提供する「PsExec」「PowerShell」や端末に導入されていた通信アプリ「WinSCP」「LogMeIn」などと、「Mimikatz」といったツールやカスタムマルウェアを併用しているという。

発覚をおそれてか、カスタムマルウェアを用いるのは、特定の端末に狙いを絞った際で、トロイの木馬「Rikamanu」や、同マルウェアをベースとした情報を盗み出すマルウェア「Catchamas」をはじめ、キーロガー「Mycicil」や、バックドア「Spedear」などを用いていた。

20180704_sy_001.jpg
攻撃対象の業種(画像:Symantec)

(Security NEXT - 2018/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
攻撃グループ「Lazarus」のマルウェア情報を公開 - JPCERT/CC
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも