Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所

大阪商工会議所は、セミナー申し込み用のウェブサイトにおいて申込者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同会議所によれば、6月20日から翌21日にかけて、管理者画面からセミナー参加者名簿が第三者に流出したことを確認したもの。

流出したのは、2月9日以降に募集を開始したセミナーの申込者名簿で、申込者の氏名や連絡先住所、電話番号、メールアドレス、勤務先企業名、役職など6016件の個人情報が含まれる。

職員のミスにより6月14日から21日にかけてセミナー申し込み用ウェブサイトの管理者画面へ、インターネット経由でアクセスできる状態だった。流出した情報をもとに不審なメールが送信されたり、電話があったなど二次被害の報告は受けていないという。

同会議所では、対象となる申込者にメールまたは書面で謝罪を行う予定。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾
新卒採用選考会の案内メールを誤送信 - リンクアンドモチベーショングループ
セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
メール誤送信で教員採用選考合格者のメアド流出 - 大阪府
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ