Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認

また流出したデータが、少なくともインターネット上5カ所で公開されていることが確認された。いずれも同一のデータだったという。同社では、JPCERTコーディネーションセンターを通じ、データの削除を要請している。

流出データに関しては、ソリトンシステムズが、2017年12月から2018年2月にかけて作成されたと見られる約22億件のアカウント情報をインターネット上で発見したことを明らかにしているが、それらに含まれていたことがわかっている。

今回の問題を受け、同社では顧客に対して他サービスでパスワードの使い回しを避け、不審なメールへ注意するよう注意を喚起。メールマガジンサービスの再開に関しては、運営の安全性を検証したうえで判断するとしており、今後ウェブサイトで案内する予定。

(Security NEXT - 2018/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社
メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で
日能研のウェブサーバに不正アクセス - SQLi攻撃でメルアド流出か
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社