Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大

名古屋大学は、情報システムに関する問い合わせシステムが不正アクセスを受け、メールアドレスが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、5月16日に同システムのログを確認したところ、ブラインドSQLインジェクションによる不正アクセスを受けていたことが判明したもの。同システムにおいて質問時に連絡先として入力されたメールアドレス2086件が外部に流出した可能性がある。

攻撃は5月10日4時半ごろより同日10時35分にかけて、また同月14日11時14分から翌15日8時45分ごろにかけてと2回にわたり行われたという。

同大ではプログラムを修正して脆弱性を解消。メールアドレスが流出した可能性がある関係者には、メールで経緯を説明するとともに謝罪した。

今後は、教育研修を強化して関係者の意識向上を図るほか、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の導入を検討するなど、対策を強化するとしている。

(Security NEXT - 2022/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ