Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社

アウトドア用品やゲーミング家具などの企画、開発を行っているビーズは、ウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客や取引先のメールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、SQLインジェクションの脆弱性を突く外部からの不正アクセスを受けたことを2月21日に認知し、調査を行ったところ、保有するメールアドレスの一部が流出している可能性が判明したという。

流出の可能性があるのは、アンケートに回答した一部顧客や同社の部品販売システムで2013年6月から2016年4月にかけて利用された顧客のメールアドレス1万772件。取引先のメールアドレス1万2663件も含まれる。

同社では、2月28日より対象となる顧客と取引先にメールで連絡を取っている。また個人情報保護委員会へ届けたほか、警察へ被害を申告している。

(Security NEXT - 2022/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓