Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社

アウトドア用品やゲーミング家具などの企画、開発を行っているビーズは、ウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客や取引先のメールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、SQLインジェクションの脆弱性を突く外部からの不正アクセスを受けたことを2月21日に認知し、調査を行ったところ、保有するメールアドレスの一部が流出している可能性が判明したという。

流出の可能性があるのは、アンケートに回答した一部顧客や同社の部品販売システムで2013年6月から2016年4月にかけて利用された顧客のメールアドレス1万772件。取引先のメールアドレス1万2663件も含まれる。

同社では、2月28日より対象となる顧客と取引先にメールで連絡を取っている。また個人情報保護委員会へ届けたほか、警察へ被害を申告している。

(Security NEXT - 2022/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
メール機器に脆弱性、約7カ月半にわたり侵害 - 教職員支援機構
「Ivanti Connect Secure」のゼロデイ脆弱性、侵害状況の確認を
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
複数サイトに攻撃、DBのテーブル名を取得された痕跡 - 紀伊國屋書店