Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致

攻撃者によって編集されたと見られる約22億件のアカウント情報が、インターネット上で流通している。検索エンジンで誰でも検索できる状態に置かれているという。

情報漏洩などの調査を行っているソリトンシステムズが、4件のファイル群について調査結果を明らかにしたもの。

同社によれば、これらは2017年12月から2018年2月にかけて作成されたデータと推測され、ファイルに含まれるレコード数の合計は22億件以上にのぼる。

ダークウェブや非合法なサイトで限定的に販売や提供されているようなデータではなく、一般的な検索エンジンからアクセスできる状態に置かれていた。

20180517_ss_001.jpg
発見された4件のファイル群(表:ソリトン)

(Security NEXT - 2018/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調