Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア

メールの添付ファイルなどとして送付される発注書や請求書に紛れてマルウェア感染を狙うトロイの木馬が多数検知されている。

20180606_ci_001.jpg
4月の国内におけるマルウェア検出状況(グラフ:CITS)

キヤノンITソリューションズが、同社で扱うESET製品により国内で4月に検出したマルウェアの動向について取りまとめたもの。

同社によれば、4月に国内で検出されたマルウェアとしては、全体の9.9%を占めた「VBA/TrojanDownloader.Agent」が前月に引き続き最多だった。

同マルウェアは、「VBA(Visual Basic for Applications)」ペースのダウンローダー。Officeドキュメントの発注書や請求書を装い、メールに添付されて送りつけられている。

次に多かったのは、脅威が検出されたという偽の警告をウェブブラウザ内に表示する「HTML/FakeAlert」。

次いでマイニングスクリプトである「JS/CoinMiner」が検知されている。さらにリダイレクトを行う「JS/Redirector」と続いた。

ESET製品が国内で検出したマルウェアのランキングは、以下のとおり。

1位:VBA/TrojanDownloader.Agent
2位:HTML/FakeAlert
3位:JS/CoinMiner
4位:JS/Redirector
5位:JS/TrojanDownloader.Nemucod
6位:Suspicious
7位:JS/Adware.Imali
8位:JS/Adware.Agent
9位:PowerShell/TrojanDownloader.Agent
10位:JS/TrojanDownloader.Agent

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加