Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むPCが所在不明 - 都立小児総合医療センター

東京都立小児総合医療センターにおいて、患者の個人情報が保存されたパソコンが所在不明になっていることがわかった。

20180531_me_001.jpg
東京都立小児総合医療センターのウェブサイト

都によれば、医師が使用していた業務用のパソコンについて所在がわからなくなったもの。

問題のパソコンには、患者57人のカタカナ表記氏名、ID、生年月日、性別のほか、疾患名の略称、疾患関連の遺伝子異常の有無、病理組織所見、血液検査所見などの情報が含まれる。パソコンとファイルには、パスワードが設定されているという。

同医師は、5月26日にパソコンを鞄に入れて病棟のスタッフステーションや医局に置いて業務を行っていたが、20時ごろ鞄のなかを確認したところ、パソコンがなくなっているのに気付いた。

複数の職員で探したが見つからず、警察へ届けた。また同センターでは対象となる患者と家族に対して事情を説明したうえで謝罪している。

(Security NEXT - 2018/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
コロナ患者情報を個人宅へ誤ファックス - 西宮市
サイト公開動画に新型コロナ患者情報 - 神戸市立病院
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市