Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開

個人情報保護委員会は、5月21日から同月31日までを「Privacy Awareness Week」とし、個人情報保護の重要性について周知促進に向けた取り組みを展開する。

同委員会では改正個人情報保護法の全面施行の日を含む5月21日から同月31日までを、「Privacy Awareness Week(PAW)」として設定したもの。

同委員会が加盟する「アジア太平洋プライバシー執行機関(Asia Pacific Privacy Authorities)」では、各加盟機関が毎年特定月を「Privacy Awareness Week」として、プライバシーや個人情報保護の啓発活動を展開しており、2018年は5月が対象となっていることを受けて設定した。

同委員会では、期間中に開催された「Privacy Awareness Symposium」を後援し、登壇者を派遣したほか、2018年度の活動として、座談会の開催や小学校を対象とした授業、中高校生向けの個人情報保護に関する啓発リーフレットの配布といった取り組みを展開する。

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件