Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス

ソフォスは、メールを用いた疑似的な攻撃により、従業員を訓練、啓発するサービス「Sophos Phish Threat 2.0」の提供を開始した。

同ソリューションは、フィッシング攻撃対策のトレーニングプロセスを自動化するトレーニングサービス。既知の手法や最新の攻撃事例などを元に訓練用のメールを作成し、従業員へ送信できる。

企業やユーザー単位でリスクやセキュリティ意識を可視化するレポートを提供。セキュリティ意識の低い従業員を視覚的に分析、識別できるとしている。

ばらまき型や標的型攻撃、ビジネスメール詐欺(BEC)など140種類以上の攻撃テンプレートのほか、30種類のトレーニングを9カ国語で用意。トレーニングのカスタマイズにも対応する。

(Security NEXT - 2018/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ