Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティ対策の基礎知識をまとめた「情報セキュリティハンドブック」の公式アプリとしてiOS版をリリースした。

20180426_ni_001.jpg
アプリでは自動的にレイアウトが変更されるリフローに対応(画像:NISC)

まもなくゴールデンウィークを迎えるが、同センターでは長期休暇中に子どもがインターネットのトラブルに巻き込まれないよう、同ハンドブックを活用してほしいと呼びかけている。

同ハンドブックは、セキュリティ対策に関する基本的な知識や、インターネット上のトラブルから身を守る方法などを、インターネット初心者でも理解できるようにわかりやすくまとめた書籍。3月よりAndroid版を公開しているが、あらたにiOS版を追加した。

スマートフォン版では、レイアウトが自動的に変更されるリフローに対応。また最新版となる「情報セキュリティハンドブック ver 3.00」は、PDF版のほか、国内27の電子書籍サービスを通じて入手することもできる。

20180426_ni_002.jpg
NISCが公開したダウンロード用のQRコード

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃被害の情報共有に向けて検討会 - 政府
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を
「サイバーセキュリティ月間」が開始、マクロスとタイアップ - 「おぼえていますか」と対策をアピール
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明