Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・バイ・デザイン」ガイダンスに新版 - 「AIシステム」も対象

米国のセキュリティ関連機関は、日本を含む国際的な協力のもと、設計開発段階からセキュリティを盛り込む「セキュリティ・バイ・デザイン(セキュア・バイ・デザイン)」のガイダンスについてアップデートを実施した。

20231020_ci_001.jpg
改訂版がリリースされた「Principles and Approaches for Secure by Design Software」。サイバーセキュリティリスクのバランスをシフトさせるとして、開発設計段階よりセキュリティ対策を盛り込むことが掲げられている

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)や米国家安全保障局(NSA)、米連邦捜査局(FBI)では、欧州やアジア太平洋地域、カナダ、イスラエルなど12カ国の機関と連携し、同ガイダンスを取りまとめたもの。

日本に関しては、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)やJPCERTコーディネーションセンターなどもパートナーに挙がっている。

同ガイダンスは、安全に利用できるようソフトウェアの設計開発について原則やアプローチの方法などを取りまとめている。2023年4月に初版をリリースしているが、今回公開した第2版では、ソフトウェアメーカーや利用者、学術機関、政府機関などステークホルダーより寄せられたフィードバックを反映した。

利用者の安全を最優先とし、経営者主導のもと開発ライフサイクルの設計段階よりセキュリティを実装して初期状態でも安全に利用できるようにすることを目指しており、ソフトウェア開発者やテクノロジー企業では透明性を確保するとともに説明責任を果たし、顧客にもたらされたセキュリティの結果を負うこととしている。

(Security NEXT - 2023/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市