Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上

今回の作戦についてEuropolは、破壊的な攻撃に対する国際的な取り組みの成功例であるとし、今後もこうした違法なサービスを容認することはないとして、あらためてDDoS攻撃の違法性を強調。

技術がなくともサイバー攻撃を行うことが可能となっており、影響の大きさを考えずに攻撃に関わるケースがあるが、罰則や罰金の対象となっており、今後罰則が強化される可能性もあると警告を発した。

また攻撃者による技術者の需要が高まっており、プログラミングやゲーム、サイバーセキュリティといったスキルを持つ人が、サイバー犯罪に巻き込まれるケースがあると指摘。注意を呼びかけている。

20180426_ep_001.jpg
DDoS攻撃の流れ(画像:Europol)

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート