Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の深刻な脆弱性「CVE-2018-7600」を狙ったと見られるアクセスが、国内において数万件単位で観測されていることがわかった。

「CVE-2018-7600」は、影響の大きさから別名「Drupalgeddon 2.0」とも呼ばれている脆弱性。3月28日に公開されたセキュリティアップデート「同8.5.1」「同7.58」で修正されたほか、サポートが終了したバージョンに対しても、「同 8.4.6」「同8.3.9」がリリースされている。

国内では警察庁もアクセスを観測していることを明らかにしているが、サイバーセキュリティクラウドが、同社サービス利用者より取得したログにおける攻撃の状況を分析したところ、数万件規模のアクセスログが残っていることがわかったという。

米国時間4月12日に実証コードが公開されたが、同社によると脆弱性を狙ったアクセスは翌日より増加。ピークを迎えた14日には、1日だけで約3万件のアクセスがあり、以降も断続的に続いている状況だという。

発信元のIPアドレスを国別に見ると、多い日で70カ国以上の国よりアクセスが行われていた。最多だったのが米国で37%。「エクアドル(14%)」「ベトナム(12%)」「ブラジル(7%)」が続いている。

20180420_cs_001.jpg
アクセス推移(グラフ:CSC)

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開