Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも

同社によれば、国内での検出は少ないものの、中央ヨーロッパ時間4月9日に脆弱性を悪用するドキュメントの検出量がピークを迎えるなど、ここにきて活発な活動が確認されている。

ダウンロードされるマルウェアは、ランサムウェア「GandCrab」のほか、トロイの木馬「NukeSped」などを確認した。

同社では、英語や韓国語で書かれたドキュメントを確認しているが、日本語で記載されたものは確認されていないとしている。

また感染は、グローバルにおいて個人を中心に拡大。国内においても同様の傾向で、法人における感染は確認されていないが、個人ユーザーにおいて感染が確認されたという。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性