Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社

予約管理システムの開発を手がけるリザーブリンクは、同社製品に対する問い合わせを行った顧客の情報を元従業員が不正に持ち出し、利用していたことを明らかにした。

同社によれば、同社製品に対してウェブから問い合わせを行った顧客の情報を、元従業員が営業管理ツールに不正ログインして閲覧。転職先である医療予約技術研究所の営業活動に利用していたもの。

以前同社製品への問い合わせを行った事業者から、3月27日に不審な営業活動があったとの指摘があり問題が発覚した。

同社が調査を行ったところ、製品の問い合わせ情報を管理している営業管理ツールのアクセスログに不審なIPアドレスから共用IDにより、ログインされていたことが判明したほか、元従業員が務める医療予約技術研究所より、営業管理ツールにログインしていたとの報告を受けたという。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか