Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害

「日本郵便」のアンケートサイトを装う悪質なウェブサイトが確認された問題で、複数ドメインが利用され、広告経由で誘導されていたことがわかった。海外でも、まったく同じ手口の郵便事業者を装う攻撃が展開されている。

20180405_tm_002.jpg
偽装サイトの一例

トレンドマイクロによれば、同社では日本郵便を装う攻撃を4月2日前後より把握。

不正広告を利用して、少なくとも3種類のドメイン上に設置されたアンケートサイトに誘導。これらサイトを経由し、最終的には同じ詐欺サイトに誘導していたという。

同社クラウド基盤における統計では、3月26日から4月2日までの1週間に国内から2500件以上のアクセスが行われていた。同社の製品利用者に限った数字であり、さらに多くのユーザーが誘導された可能性もある。

日本郵便を装ったケースでは、アプリをインストールさせる攻撃も確認されているが、同社が確認したケースでは、最終的な誘導先は「詐欺サイト」だったという。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG