Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市

仙台市宮野区の職員が、手続きを経ずに住民の個人情報を外部へ持ち出したうえ、転居先の情報を第三者に提供していたことがわかった。

20180402_se_001.jpg
仙台市のウェブサイト

同市によれば、住民の移転先の住所を請求した事業者に対して、職員が手続きを経ずに口頭で伝えていたもの。

提供を受けたのは、以前に請求対象者を雇用していた事業者。同事業者は3月12日、離職票の送付を理由に元従業員の転居先住所の開示を請求していたという。

同市では住民基本台帳法における「第三者請求手続き」を案内したものの事業者は、返送された郵便物のコピーといった必要書類を提出せず、対応した職員は、元従業員の旧住所と転居先住所が記載された資料を無許可で持ち出し、必要書類の代わりになると判断して元従業員が旧住所に居住していないことを確認。請求者に対し、同意のないまま転居先の住所を口頭で伝えていた。

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル