Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%

国内企業の21%がDDoS攻撃を経験したことがあることがわかった。ランサムウェア被害は7%で、いずれもグローバルを下回る。

A10ネットワークスが、日本を含む世界10カ国のIT管理者と従業員を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。約2000人が回答した。

過去1年間に情報漏洩の被害に遭ったと回答したIT管理者は、グローバル平均で47%と半数近くにのぼった。一方国内は18%で、調査実施国においてもっとも低かったという。

DDoS攻撃はグローバルで38%、日本は21%が経験。ランサムウェア被害はグローバルで22%、国内はは7%だった。

20180312_at_001.jpg
被害の経験や把握状況(表:A10ネットワークス)

「被害を把握していない」との回答はグローバルに比べて国内の方がいずれも高く、情報漏洩では15%、DDoS攻撃は22%、ランサムウェアは18%だった。

セキュリティに関する脅威や技術に関する理解度を見ると、DDoS攻撃を「よく知らない」と答えた従業員は、国内は70%でグローバルは63%。

ボットネットに関しては、国内は74%でグローバルは73%。2要素認証、多要素認証に関しては、国内は72%でグローバルは57%だった。

「ビジネスアプリや個人情報の管理責任はIT部門にある」と答えた従業員の割合は、日本が対象国でもっとも高く43%。グローバル平均の32%を11ポイント上回った。

(Security NEXT - 2018/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2月のDDoS攻撃、件数減少するも29Gbps規模の攻撃
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
1月のDDoS攻撃、前月比4割増 - 最大規模は2.2Gbps
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加