Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力

中国電力は、太陽光発電メーカー4社へ送信したメールにおいて、誤って太陽光発電の売買契約をしている顧客情報を添付していたことを明らかにした。

同社によれば、2月中旬から下旬にかけて太陽光発電関連メーカー4社へ送信したメールにおいて、本来は対応予定件数のみを記載したファイルを送信するところ、誤って顧客情報含むファイルを添付してしまったという。

問題のファイルには、同社と太陽光発電の売買契約をしている顧客7659件の契約名義や契約番号、発電設備の設置場所などの情報が含まれていた。

同社では誤送信の判明後、送信先となったメーカーへファイルの削除を依頼。削除されたことや外部への転送がないことを確認した。対象となる顧客に対しては、書面で経緯を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
サイトで利用する製品レビューツールに不正アクセス - マウス
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
クラウド設定不備で顧客情報約11万件が閲覧可能に、流出は1件 - ホーユー
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀