Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始

サービス&セキュリティは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を大阪府内に開設し、セキュリティ機器の運用監視サービスを提供開始した。

同センターを活用し、セキュリティ機器の運用監視やログ解析などのサービスを提供するもの。SOCの開設にあたっては3億円を投資したとしている。

ファイアウォールやウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、IDS、IPSなどの運用監視では、グループ会社であるセキュアソフトをはじめ、9社の機器に対応。

さらにセキュリティ機器のログを相関分析するログ監視サービスやウェブサイトの改ざん検知サービス、企業システムの脆弱性診断サービスなども提供する。

運用監視サービスの料金は、月額30万円から。同社では、初年度に1億円、3年後5億円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
中小企業向けにネットワーク脅威の検知パッケージ - NTTセキュリティ
「Zabbix」の延長サポートサービスを開始 - サイバートラスト
SaaSの設定不備や不審操作を検出するソリューション - IIJ
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
IoT製品の脆弱性監視分析サービス - NRIセキュア
脆弱性レポート機能の正式提供を開始 - GitHub
ファイルサーバ管理ソフトにログ監視オプション - ランサムなど不正操作を通知
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応