Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも

同社によると、検出された「JS/CoinMiner」の大多数は、仮想通貨「Monero」のマイニングによる収益サービスをウェブ運営者に提供している「Coinhive」のスクリプトだったという。ただし、これには正規に利用されているスクリプトも含まれる。

同社は、「Coinhive」の利用状況についてPublicWWWが公表する数値を引用し、3万件以上のサイトで利用されていると説明。

さらにこうしたサイトのなかには、第三者がウェブサイトを改ざんし、運営者の意図に反して「Coinhive」を埋め込み、サイト閲覧者にスクリプトを実行させる「Drive by Mining」もあると同社は指摘している。

悪意を持って埋め込まれた「Coinhive」について、同社は具体的な件数を明らかにしていないが、検出を逃れるため、JavaScriptライブラリ「jQuery」に偽装するケースや難読化を行うケースなど、多様なバージョンを確認しているという。

20180228_ci_002.jpg
ウェブ改ざんによりコインマイナーを悪用するながれ(図:CITS)

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査