Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県

香川県は、「かがわ医療情報ネットワーク(K-MIX+)」で登録されている診療情報が、患者の同意なしに医療機関より参照されるケースがあったことを明らかにした。

同県によれば、診療情報を病院間でやり取りする医療連携ネットワーク「K-MIX+」において、診療情報が患者の同意なくほかの医療機関から閲覧できる状態となっていたもの。医療機関から委託開発事業者に対して連絡があり、同県では2月13日に報告を受けた。

患者の同意のもと、かかりつけ医が複数中核医療機関の診療情報を参照できる状態とした場合に、異なる中核機関間で同意なく診療情報を閲覧できる状態となっていた。システムの初期設定においてミスがあったことが原因だという。

同システムの運用を開始した2014年3月からこれまで、同意なく診療情報が閲覧された患者は25人。閲覧された内容については調査を進めている。

同県では、原因となったシステムの初期設定を修正するよう事業者へ指示。また、診療情報が閲覧された患者に対し、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2018/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
コロナ患者情報を個人宅へ誤ファックス - 西宮市
サイト公開動画に新型コロナ患者情報 - 神戸市立病院
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市