Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも

マルウェアのひとつである「BADCALL」では、3件のファイルが確認された。そのうち2件は、32bit環境のWindows向けファイルで、プロキシーサーバとして動作。Windowsのファイアウォールを無効化し、TLSに見せかける通信を行うという。

1件はライブラリファイルであり、動作させるためには別途同ライブラリを読み込む別の実行ファイルが必要となるが、見つかっていないという。

のこる1件は、Android上でリモートアクセスツール(RAT)として動作する「APKファイル」だった。

同アプリは、侵入したシステムで外部からの命令を待ち、コマンドを実行する機能を搭載。通話の録音や、内蔵カメラを使用した撮影、連絡先の窃取、データのダウンロードおよびアップロード、接続可能な無線LANを探索する機能などを備えていた。

(Security NEXT - 2018/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
攻撃グループ「Lazarus」のマルウェア情報を公開 - JPCERT/CC
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府