Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも

米政府は、北朝鮮のサイバー攻撃グループ「HIDDEN COBRA」が関与したと見られるあらたなマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」の脅威インテリジェンス情報を公開した。

20180214_us_001.jpg
脅威情報を公開したUS-CERT

米国土安全保障省(DHS)と米連邦捜査局(FBI)が共同で調査を実施し、分析した情報について公表したもの。

これまでも「BANKSHOT」や「Volgmer」「FALLCHILL」など、マルウェアの情報が提供されている。

今回明らかになった「BADCALL」「HARDRAIN」 も、プロクシサーバなどを介して被害者のネットワークと通信するトロイの木馬で、FBIでは、同グループの関与に強い自信を持っているという。

(Security NEXT - 2018/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず