Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIとラック、セキュリティソリューション扱う合弁会社を設立

KDDIとラックは、セキュリティソリューションを提供する合弁会社「KDDIデジタルセキュリティ」を設立する。

クラウドやIoTなど、市場におけるセキュリティ対策の需要増加を見込み、セキュリティソリューションを扱う合弁会社を設立するもの。資本金は2億5000万円で株式はKDDIが51%、ラックが49%を保有する。

新会社は2月中に設立され、4月より事業を開始する予定。同社では、KDDIが展開するauブランドのもと、KDDIのネットワークやIoTプラットフォームと、ラックのセキュリティサービスを組み合わせ、ワンストップでソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
日本IT団体連盟、「サイバーセキュリティ委員会」を設置
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始