Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト

フルーツや野菜などを使用したアイスキャンデーの通信販売を手がけるウェブサイト「パレタスオンラインショップ」が、外部より不正アクセスを受け、クレジットカード情報が流出したことがわかった。

同サイトを運営するジャパンパレタスによれば、サーバに不正プログラムが設置されたもので、2017年4月27日から7月18日までの間、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報最大821件が流出した可能性がある。クレジットカードの名義やカード番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

2017年7月18日、カード決済代行会社より情報流出の可能性について指摘があり問題が発覚。同社はカード決済を停止し、外部へ調査を依頼。9月に報告を受けていたという。

同社では、情報が流出した可能性がある顧客に対して、2月1日より書面で報告を行っている。また個人情報保護委員会へ事態を報告した。

再発防振向けてカード決済代行会社の提供するリンク型システムへの移行や、改ざん検知サービスの導入などを進めているとしており、新システムには4月末に移行する予定。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性