Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴

急激な相場上昇などで注目される仮想通貨に便乗した攻撃が発生している。「SpriteCoin」なる実在しない仮想通貨のウォレットとして配布されていたファイルの中身はランサムウェアだったという。

同ランサムウェアは、フォーティネットが確認したもの。仮想通貨に関心を持つ人々が集まるフォーラムなどで拡散されていると見られている。

攻撃者は、実在しない「SpriteCoin」なる仮想通貨について収益性が高いなどと吹聴。ウォレットに見せかけて実行ファイル「spritecoind.exe」をダウンロードさせていた。

ダウンロードのリンクには、信用できない場合は、ダウンロードしたファイルを、複数のマルウェア対策エンジンでチェックが行えるオンラインサービス「VirusTotal」でスキャンしてみてほしい、などと記載。あたかも正規のファイルであるかのように装っていた。

(Security NEXT - 2018/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃