Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か

内容はショップ運営者によって異なるが、おもに名義人名、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードなどだという。くわえてクレジットカード番号22件については、流出を確認している。

さらに一部ショップの利用者のクレジットカード情報最大2711件が流出した可能性があり、内容は顧客によって異なるが、名義人名やカード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

今回の情報流出は、アプリケーションの機能が悪用されたのが原因としており、外部から設置された不正プログラムの実行を1月7日に検知。同日に不正プログラムが実行されないよう対策を講じ、調査を進めていた。

同社では関係省庁へ報告し、同月22日に全ショップ運営者のパスワードをリセット。対象となるショップ運営者にメールで謝罪するとともに、サービスの管理画面上で対応を案内する。また情報が流出した可能性があるショップの利用者には、ショップ運営者が対応にあたるとしている。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
スキンケア用ソルトのオンラインショップに不正アクセス