Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か

内容はショップ運営者によって異なるが、おもに名義人名、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードなどだという。くわえてクレジットカード番号22件については、流出を確認している。

さらに一部ショップの利用者のクレジットカード情報最大2711件が流出した可能性があり、内容は顧客によって異なるが、名義人名やカード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

今回の情報流出は、アプリケーションの機能が悪用されたのが原因としており、外部から設置された不正プログラムの実行を1月7日に検知。同日に不正プログラムが実行されないよう対策を講じ、調査を進めていた。

同社では関係省庁へ報告し、同月22日に全ショップ運営者のパスワードをリセット。対象となるショップ運営者にメールで謝罪するとともに、サービスの管理画面上で対応を案内する。また情報が流出した可能性があるショップの利用者には、ショップ運営者が対応にあたるとしている。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社