Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か

ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」が不正アクセスを受け、同サービスを利用するショップ運営者やショップの顧客に関する情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サービスを提供するGMOペパボによると、外部からの不正アクセスにより、同サービスを利用してネットショップを運営しているショップ運営者や一部ネットショップ利用者に関する個人情報が流出した可能性があることが1月9日に判明したもの。

同サービスを過去に利用したり、現在利用しているショップ運営者の個人情報最大7万7385件が流出した。氏名や法人名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、ログインID、ハッシュ化済みのパスワードなどが含まれる。

また2017年3月16日から2018年1月7日にかけて、同サービスの利用料金をクレジットカードで支払ったショップ運営者のクレジットカード情報最大9430件が流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出