Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報やハンドル名の取り扱いで謝罪 - 岩本町芸能社

仮想現実(VR)アイドルを展開する岩本町芸能社は、顧客にメッセージカードを送付する際、個人情報やハンドル名について不適切な取り扱いがあったとして謝罪した。

同社によれば、2017年12月のイベントにおいて顧客へメッセージカードを送付したが、その際に一部でトラブルが発生したもの。

同社サイトでは個人情報の取得時にメッセージカードの送付について利用目的として示していたものの、告知において送付する可能性を示していない顧客に対してもメッセージカードを送付したという。

さらに送付する際、本名ではなくSNSで使用しているハンドル名を記載したため、不着となる事態が発生。メッセージカードには差出人の住所を記載しておらず、返送されないことから、対象顧客の特定が難しいとしている。

同社では、問い合わせ窓口を設置して対応。また個人情報の利用目的の記載方法やハンドル名の取り扱いについて見直しを行うとしている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載において、「個人情報の利用目的を示していなかった」との記載に誤りがあり、修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2018/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害