Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生

幻冬舎は、同社が運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、一部会員情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、コンテンツ配信や電子書籍の販売を行っている「幻冬舎plus」。

外部からの不正アクセスで脆弱性を突かれ、2013年11月12日から2017年8月18日までに会員登録した最大9万3014人分の氏名やメールアドレス、ユーザーIDなど個人情報が外部へ流出した可能性があるという。

2017年12月27日に、会員より登録しているメールアドレスにフィッシングメールが届いたとの指摘があり、その後の調査で不正アクセスを受けていたことが判明した。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北